「アクリル板」はデスクトップやウィンドウの最上段に
直線や丸や四角形(矩形)や文字を描画するソフトです。
描画していても、その下のソフトやアイコンなどの操作は可能です。
また、描画したら名前を付けて保存できるので再利用可能です。
  
ルーラーやガイド線の無いソフトでの
画像の貼り付け時や配置の位置合わせや
書籍をスキャナーしてPDF作成時の位置合わせやに
個人的に利用して重宝したソフトです。
  
▼スクリーンショット
(画面の都合上画像は3段に分かれていますが
実行時は横一列になります)

  
▼「拡張ボタン」で色の交換や、位置をずらすこともできます。

  
▼描画例(塗りつぶしや、画像を貼り付けることもできます)

  
▼「アクリル板」使い方
操作はShiftキーを多用します。
例えば直線を描画する際には「直線」ボタンを押し
「ペンの太さ」や「色」を選んでShiftキーを押して
描画開始、再度Shiftキーを押して描画終了です。
その他の機能も直感的に操作ができると思います。
  
「枠」ボタンで青いタイトルバーを
また右端の「ツールバーを隠す」ボタンで
ツールバー自体を隠すことができます。
  
▼ずれない為のコツ
描画していても下のソフトなどは操作可能ですが、描画された
図形などをドラッグしてしまうと動いてしまいます。
ずれ防止のため、描画前に枠ボタンで青いタイトルバーを
表示させて最大化しておいてから描画をすると
後でずれても、再度最大化すれば元の位置に戻ります。
  
  
●「アクリル板」解説orダウンロード先
※当サイトで紹介したソフトに関しては自己責任においてご使用下さい。