「Wink」はデスクトップの画面やウィンドウの動きを録画して
画像やPDFや、Flashムービー形式(SWF)に変換するソフトです。
 
画像をコマ撮りする形式であり、各画像(コマ)に図形や
テキストボックスやボタンを追加することが可能です。
 
▼「Wink」スクリーンショット
日本語にするにはFileメニューからChoose Language
そしてJapaneseを選びます。

 
▼ファイル→新規を選ぶとキャプチャーの設定です。
フルスクリーンでも、ウィンドウ単位・カスタム矩形などが選べます。
 
ウィンドウを選んだ場合、次に「選択」ボタンを押して、どのウィンドウを
キャプチャーするか、マウスでクリックして選びます。

 
▼「最小化してトレイに格納」ボタンで待機状態になります。
 
待機状態の際、Shiftキーを押しながら、Pauseキーを押すと
録画スタート、再度押すとストップの操作ができます。

 
▼ストップして、完了ボタンを押し、タスクバーのアイコンをダブルクリックすると
元のメインウィンドウに戻ります。

 
▼メインウィンドウに戻った画面。
下側にコマ割りされた画像が見えます。画像をクリックで選んでから
右上の方のボタンで、文字挿入や図形が挿入できます。
フォントやフォントサイズも選べるし、もちろん日本語も使えます。

 
右上のボタン群の説明
左から、音声追加、画像追加、図形追加、テキスト追加
ボタン(前に)、ボタン(次に)、URLボタン、ジャンプボタン
図形の種類は結構豊富です。

 
▼Flashムービー形式(SWF)に変換するには
緑色の矢印ボタンを使います。
フレームレート、カーソル移動の滑らかさなどが設定できます。

 

 
 
Sponsored Link

●「Wink」ダウンロード先 上側のDownloadをクリック

※当サイトで紹介したソフトに関しては自己責任においてご使用下さい。