AVI・MPEG・WMV・FLVなどの動画からDVDファイルを作成するソフトが「DVDFlick」です。
直接DVD-Rに焼くこともできます。日本語版パッチもあるようですが、
最新版ではタイトルメニューも作成できることから、英語版で説明します。
  
DVDFlickはAVI・MPEG・MPEG2・MPEG4・WMVのほかYoutubeなどの
FLASH動画形式であるFLVやQuicktimeのMOVなど多種形式に対応します。

例えば携帯電話で広く使われている3gpやMOVやMPEG4などからも読み込んでDVDを作成可能です。
  
▼ 起動画面 起動したら、まず右端のAddTitleボタンで動画を必要な数だけ追加します。動画ファイル名は日本語でも読めますが、DVD作成後の再生時のサブメニューでは文字化けするようです。プロジェクト作業フォルダは一番下のProject destination folder欄の右端のBrowseボタンで決定します。
  
複数動画を追加した場合は、右端のMoveup・Movedownボタンで順番を入れ替えます。
  
ws000254.jpg

▼動画を追加する際の対応動画ファイル AVI・MPEG各種・WMV以外多数対応しているようです。

ws000237.jpg ws000238.jpg

▼右端のEdit titleボタンの、Generalタブでチャプター名(Name欄)を決めますが、日本語は文字化けするようです。その2つ下のTumbnail Time indexでチャプター画像(サムネイル)を好きな時間で設定できます。

ws000248.jpg

▼一番上のProject Settingボタンを押し、初期設定をします。Titleを入力します。日本語OKのようです。(DVD作成した後のタイトルメニューに使われます)

ws000253.jpg

▼Videoタブで、Target formatを日本のテレビの映像形式であるNTSCにします。(毎回必須)

ws000241.jpg

▼一番下のBurningボタンで、DVD作成方法を選択します。Create ISO imageにチェックを入れると、DVDデータだけ作成します。Burn Project to discに チェックを入れると、DVDディスクの作成まで行います。

ws000260.jpg

▼一番上のMenu Settingで4種類あるメニューデザインから選びます。左下のPreviewボタンで、プレビュー可能です。真中下のEnable Menuは、このメニューを作成する場合はチェックを入れます。その下のAuto-Play menuは、チェックを入れるとDVD再生時に、このメニューで一旦停止します。チェックを入れないと、DVD再生時に本番から再生します(リモコンのタイトルメニューボタンなどで指定しないと、メニューが見られないみたいです)。

ws000249.jpg

▼Create DVD ボタンを押すとDVDを作成開始します。最初のウィンドウは始めますのような文言なのでYesを押します。

ws000244.jpg

▼次のウィンドウは、プロジェクト作業フォルダに前回作業した何らかの動画が残っていたら上書きしますという警告です。よければYesボタンを押します。せっかくの以前の作業したファイルが消える場合もあるので、 残したい場合は一旦Noボタンを押し、プロジェクト作業フォルダを変更します。

ws000258.jpg

▼作業中画面

ws000245.jpg

▼作業終了画面  左下にFinaliseと表示されます。

ws000246.jpg

▼作業フォルダに、VIDEO_TSフォルダが作成され完了です。あとはライティングソフトでVIDEO_TSフォルダごとデータとして焼けばDVDの出来上がりです。

ws000247.jpg


DVD Flickなお旧バージョン用の日本語版パッチのページはこちらですDVDFlick 日本語版パッチ

Sponsored Link


*************************************************
なゆたビジョン フリーソフト紹介・無料便利Webサービスサイト
なゆたビジョンはフリーソフトの紹介や使い方・Flash素材配布・無料便利なWebサービスを提供するサイトです。ブログパーツ用素材などの配布もしています。
このソフトの使用レビュー・感想をコメントして下さい。コメント欄はこのページ一番下にあります。
*************************************************