デジタルカメラや一眼レフカメラで撮影した写真画像を、オンラインでインターネット上の
ネットの格安プリントにL版などでプリント依頼注文すると
印画紙との比率が違うので印刷された写真は
上か下の端が切れた状態で送られてくる可能性があります。

そのため、予め注文前にトリミングして、印刷したい部分だけ
切り抜きした画像の状態で注文すれば良いです。

L版のサイズに関するデータは
189mm × 127mmで、縦横比率(アスペクト比)約3対2です。
厳密には3対2.1 なので、キリの良い3で割ると1対0.7です。
この縦横比1対0.7を覚えて下さい。

コンパクトデジタルカメラは4対3なので、どうしてもL版になると
切れてしまいます。

******************************************************************
手軽に写真画像データを1対0.7に切り抜くトリミング方法は以下の手順です。
Pixlr Editor(ピクセラエディタ)という、オンラインで画像加工が出来る
ツールが有りますので、アクセスします。
https://pixlr.com/editor/

最初に表示されるウェルカムウィンドウから「コンピューターから画像を開く」を選択します。
20160506213700

パソコンの中から、切り抜きたい画像を選択し、「開く」ボタンを押します。
20160510211015

画像を開いたら、左側のツールの中から「切り抜きツール」を選びます。
20160510212235

上の方の、「固定化」横の「固定化なし」をクリックし、「アスペクト比」に変更し
幅を10.0、高さを7.0にします。(これが縦横比1対0.7を10倍しています)
20160510212547

画像上でマウスを斜め下に動かすと、縦横比固定のまま、切り抜く範囲の枠ができます。
枠の真ん中でマウスを動かすと枠自体移動できます。
また枠の四隅にマウスを合わせて動かすと、枠の大きさが変えられます。

20160510212858

切り抜きたいサイズと位置になったら、枠の外側でクリックすると
「変更を適用しますか?」と表示されるので「はい」をクリックすると
トリミングされます。

20160506213512
やり直したい場合は、「編集」の「取り消す」を選択します。

※あまり小さすぎる枠で切り抜きすると、画像がボケますので気を付けてください。

最後に、「ファイル」メニューから「保存」を選びます。
画像を保存するウィンドウが開きます。
20160510213619
そのままOKボタンを押して、パソコンの好きな場所に保存します。
これで、ネットプリント用のL版写真用画像が完成です。

↓おすすめのネットプリントです。